訪問診療に関心をお持ちの歯科衛生士さんを応援するサイトです
時短勤務希望の方、ブランクから復帰を希望する方、子育て中の方など
ぜひご相談ください。
訪問診療に関心をお持ちの歯科衛生士さんを応援するサイトです
時短勤務希望の方、ブランクから復帰を希望する方、子育て中の方など
ぜひご相談ください。

OLから歯科衛生士への転身
そして訪問歯科診療の世界へ

歯科衛生士 井上明美さん
現在はフリーの歯科衛生士として訪問歯科診療の世界でご活躍中

OLから歯科衛生士になった経緯を教えてください

主な理由は二つあります。
一つ目は、元々OL時代から資格を取って専門職として仕事をしたいという気持ちがあったことです。 資格の持つ強みというか、「資格を取れば仕事に困らない」 「何らかの理由で仕事ができない期間があっても仕事探しに困らない」という理由です。
二つ目は、私が病気で入院した先の病院で出会った一人の歯科衛生士の存在です。 彼女は患者である私に対し、的確なアドバイスを送ると共に、 不安な気持ちを的確な声がけなどで落ち着かせてくれました。 当時は歯科衛生士って器具や材料を渡したりするだけのようなイメージがありましたが、 私のように不安な気持ちを抱えた患者さんを安心させることもできるんだなと、 私は「歯科のナイチンゲールになりたい(笑)!!」と思ったからです。

病院や歯科医院での外来ではなく、患者様を訪問する訪問歯科診療を
 選んだ理由を教えてください

これは大好きだった祖母が急逝したことがきっかけでした。 最初は普通に外来のクリニックで働いていたのですが、 祖母が急逝した後、何もしてあげられなかった事をとても悔やみました。
しかし、「悔やんでいても仕方ない!」 「祖母にできなかった事を他の高齢者の方々にできるはず。」と思い、自分なりに色々調べました。 その時に、当時はまだ少なかった、通院できない高齢者にこちらから行ってあげられる 訪問診療を知り、思い切って訪問診療の世界に飛び込みました。

最後に、訪問歯科診療のやりがいや魅力を教えてください

やりがいは断然、患者様に喜んでもらえる事です。 時には涙を流し「ありがとう」と言ってくださる患者様もいます。 衛生士冥利に尽きるというか、この仕事をやっていて本当に良かったと思います。
また、生意気かもしれませんが、一人の歯科衛生士としての責任感というか使命感も感じています。 高齢者がどんどん増えている今、訪問歯科診療は社会に必要とされており、歯科衛生士という資格を取らせて頂いた以上、色んな人のお役にたてればと思っています。 そこに自分も携わっているという事が、やりがいにも繋がっています。
外来とはまた違ったやりがいを感じたり、時にはツラい事にも向き合わなくてはなりませんが、 歯科衛生士として高齢者に必要な診療を提供することは、私のライフワークだと思っています。
アクセス数ランキング