外国人介護スタッフ
採用・定着支援ならメディパス

高齢者の生きるを支える人々のNo.1パートナー

お問い合わせはこちら

外国人介護スタッフの採用・定着をご支援いたします!

メディパスの採用・定着支援サービス

ミャンマーからの外国人介護スタッフ

タイからの外国人介護スタッフ

ベトナムからの外国人介護スタッフ

インドネシアからの外国人介護スタッフ

フィリピンからの外国人介護スタッフ

中国からの外国人介護スタッフ

メディパスの採用・定着支援サービス

メディパスの採用・定着支援サービスの特長
信頼できる送出し機関と連携
良質な外国人介護スタッフの採用をサポートします。
日本語を含む介護教育で
外国人介護スタッフをサポートします。
外国人ならではの諸問題を完全にケア
採用から定着までサポート

医療・介護業界の人材不足解決に実績のあるメディパスが、これまでの経験をふまえ御社をトータルでサポートします。
スタッフ採用から定着までを5つのコンサルティングサービスでカバー。人材不足に悩む介護業界のお悩みをワンストップで解決します。


外国人介護スタッフの困りごと
メディパスアカデミーが
解決いたします!

メディパスアカデミーロゴ

介護技能と日本語教育、そして受け入れ体制の構築まで

メディパスアカデミーは、外国人介護スタッフの教育に特化した学校として設立されました。外国人スタッフ向けの日本で働くための技能・語学に加え、受け入れ施設が、外国人介護スタッフと共に働いていけるためのコンサルティングなど、日本人・外国人両面からの教育内容をご用意しています。

スタッフ向け教育内容
受け入れ施設向け教育内容

外国人介護スタッフを採用するには?

外国人介護スタッフを採用するには、すでに日本に滞在している在留外国人などを雇用する方法、EPAによる介護福祉候補生を受け入れる方法、そして現在策定中の外国人技能実習制度を利用する方法があります。
(介護分野における外国人技能実習生の受け入れは、現在審議中。2016年制定予定)

外国人が日本の介護職で働く方法

在留外国人 EPAによる介護福祉候補生 技能実習生
概 要 出入国管理及び難民認定法に定められた、就労が認められている就労可能な在留資格を持つ者。 日本とインドネシア、フィリピン、ベトナム間で締結された経済連携協定に基づき、日本の国家資格取得が目的。

国際厚生事業団(JICWELS)を通じて斡旋
日本の技能、技術または知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することが目的。

実習をしながら技能を学ぶ。
特 徴 現時点で介護系国家資格は認められていない。 最長5年の滞在が可能 現時点で介護職は認められていないが、2016年度中に対象職種に追加される見通し。
採用国 各国 3カ国
※インドネシア、フィリピン、ベトナム
15カ国
※中国、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、ペルー、ラオス、スリランカ、インド、ミャンマー、モンゴル、ウズベキスタン、カンボジア、ネパール、バングラディシュ

期待が高まる技能実習制度

国内の介護人材の確保と、外国の高齢化を見据え、厚生労働省では「外国人技能実習制度」に介護職を追加する事を検討しています。
外国人の方に日本で実習をしながら介護を覚えてもらい、自国に役立ててもらうという制度です。

メディパスでは、技能実習制度を利用した外国人介護スタッフ採用の支援も行っております。

外国人介護スタッフの就業・定着のポイント

しっかりとした受け入れ体制が必要です。
外国人スタッフは、就業してもらうことはもちろんですが、定着してもらうにもコツがあります。
これまでにメディパスに寄せられた外国人スタッフが日本で働く上での困りごと・問題点をご確認いただき、御社の受け入れ体制と照らし合わせてみてください。

メディパスの採用・定着支援サービスなら解決できます!


文化の違いを解決するには?

外国人スタッフ側 施設側
文化の違い 日本の文化や習慣を理解できなくてストレスに感じ、退職してしまった。 日本人スタッフが、外国人の文化や習慣を理解できなくてストレスに感じ、退職してしまった。

メディパスの解決策

ダイバーシティ・マネジメントプログラム
・国籍、人種、宗教などバラエティにとんだ属性の人たちが、お互いの個性を活かして、のびのび能力を発揮できる風土を作り上げていこうとするものです。
・話す言葉、食習慣、生活習慣全般にわたり、文化的な背景が違う海外人材と共に仕事をする中で、違いを認め合う心、チームワークが培われます。
詳しくは、こちら お問い合わせは、こちら
会費無料

外国人ダイバーシティ推進協議会 会員募集中!

スタート時期:
2016年春(介護職の技能実習制度開始に合わせてスタート)
会員募集時期:
随時
会員特典  :
情報交換会など各種イベント情報のご案内
活動プログラムを会員特別価格にて優遇
会    費:
無料

>>ダイバーシティ推進協議会会員へのご応募・お問い合わせ

日本語を書いてもらい、業務効率をあげるには?

外国人スタッフ側 施設側
日本語を書けない 介護記録や引継ぎ書類等を書けない。 外国人スタッフの代わりに日本人スタッフが、介護記録等を作成することになり、疲弊している。

メディパスの解決策

報告書多言語翻訳アプリ
・PC、スマホ、タブレットに対応したアプリです。
・外国人スタッフが母国語で記入した報告書を日本語に自動で翻訳します。
・言語は、英語、ベトナム語、インドネシア語に対応しています。
・日本語で記入した報告書を外国人の母国語に翻訳します。
お問い合わせは、こちら

日本語での会話をスムーズに行うには?

外国人スタッフ側 施設側
日本語会話の難しさ 専門的な日本語や、高齢者が使う言葉や方言を理解できない。 日本人スタッフや高齢者が、外国人スタッフとコミュニケーションが取れなくてストレスに感じる。

メディパスの解決策

日本語教育(メディパスアカデミー)
・ベトナム・フィリピン・インドネシアの外国人スタッフに対応した日本語教育です。
・日本語能力試験N3合格を支援します。
・プログラムはウェブ、個別出張教育を環境に併せてご利用頂けます。
詳しくは、こちら お問い合わせは、こちら

外国人スタッフの困りごとに対処するには?

外国人スタッフ側 施設側
悩みの相談が
できない
職場で話せない悩みを母国語で相談する相手がいなくて、悩みを抱えたまま退職してしまった。 外国人スタッフのフォローをどうしたらいいか分からない。

メディパスの解決策

母国語相談窓口
・病院や緊急時の相談を24時間受付けます。
・ホームシックや文化による微妙なニュアンスのストレスを母国語スタッフが解消し、モチベーションを維持します。
・相談内容は全て施設様にフィードバックし環境改善等に役立て頂きます。
お問い合わせは、こちら

住居面のお世話はどうサポートすればいいの?

外国人スタッフ側 施設側
住居の手配や
管理が手間
家具や家電の購入など、暮らし始めるためのお金がかかる。住居のことで困ったことを相談できない。 住居の手配や管理に手間がかかる。住居のことで相談をされたときの対応に困る。

メディパスの解決策

寮支援(メディパスシェアハウス)
・初期費用が安い
・物件を事前準備
・手続きが簡単
・家賃が安い
・家具家電付き
・外国語サポート
・コミュニティがある
・監理体制の徹底
> 社宅サービスのパンフレットダウンロードは、こちらから(PDF 5.3MB) 新規ウィンドウで遷移します。
お問い合わせは、こちら

外国人介護スタッフへの介護研修をスムーズに行うには?

外国人スタッフ側 施設側
介護研修が
難しい
日本語に加え、日本独特の介護技法がわからない。 教える時間や人材が不足しており、コミュニケーションも難しい。

メディパスの解決策

クラウド型動画学習プログラム「メディパスアカデミー介護」
・約700本以上の動画による介護研修がいつでもどこでも受けられます。
・多言語(日本語・英語・中国語・ロシア語・インドネシア語・ベトナム語・タイ語)に対応しており、幅広い外国人介護スタッフにご利用いただけます。(対応言語は、順次拡大中)
詳しくは、こちら お問い合わせは、こちら

※本サービスの一部は、2017年秋にリリースを予定しております。
※本サービスの内容は、断りなく変更になる場合がございます。予めご了承ください。