スタッフインタビュー
ー スタッフインタビュー ー

外国人材定着支援

外国人材定着支援 D.T.H/N.S.W

外国人求職者に安心感を生み出すワールドワイドなスペシャリスト

ご自身の職種はどんな仕事ですか?

外国人材定着支援(D.T.H)
介護に関する教材のベトナム語・英語翻訳や、介護職等で日本で働く外国人のサポートをしています。もう一つは人材紹介・派遣の業務です。

(N.S.W)
私も教材などのミャンマー語・中国語翻訳や、メディパスアカデミー介護をミャンマー語・中国語に翻訳し、講師としての撮影も行いました。また、日本在住の外国人求職者に対するお仕事探しのサポートもしています。

どうしてメディパスへ入社しようと思いましたか?

(D.T.H)
日本語学校在学中に、協同組合にてアルバイトとして就業したことをきっかけに外国人にサポートする仕事に興味を持ちました。そしてベトナムの大学で学んだ英語も生かすために日本語、英語、ベトナム語を活用できる仕事を希望して入社しました。

(N.S.W)
前職はアパレル業で生産管理の業務をしてきました。外部と関わる事がなく、キャリアアップしたいと思っているときにメディパスと出会いました。以前から誰かをサポートできる仕事が好きで、自分がやりたい仕事とメディパスでの仕事内容が一致し、やりがいが感じられる仕事だと思って入社する事に決めました。

仕事をしている上で何を大切にしていますか?

外国人材定着支援(D.T.H)
他のスタッフと仲良くする事です。人間関係を築くことが出来たら、毎日の仕事は楽しくスムーズに進むと思います。

(N.S.W)
私も人間関係を一番大切にしています。同僚の方々は優しく楽しい人ばかりですが、仕事に対しては皆さん真剣なので私も周りの皆さんにも迷惑が掛からないように注意して業務を行っています。

仕事で楽しかった点は何ですか?

(D.T.H)
色々と勉強になり、成長出来ることです。入社した時は、日本語でメールを書いたり電話対応などはできませんでしたが、上司や同僚から教わり徐々に習得できました。毎日の仕事は色々と勉強になりチャレンジ出来て楽しいです。

(N.S.W)
私が最初から最後までサポートしてきた求職者の仕事が決まってその方から感謝の言葉を貰った時にやりがいを感じました。そして、小さな事でも周りのみんなから有難う!助かりました!と言う一言を貰った時も嬉しいし、日々行っている業務に対して楽しさを感じていると思います。

1日のスケジュールを教えてください。

 9:00 出社

今日やる業務の確認。会社のフェイスブックで求人票をアップロードする。求職者に対してメール返信。

 10:00 翻訳

教材や資料の多言語(ベトナム語、ミャンマー語、英語、中国語など)に対応するために翻訳。

 12:00 お昼休憩

仲の良い同僚とランチ。お弁当を持ってきてワイワイお話しながら食べることが多い。

 13:00 テレアポ

求人開拓のためのテレアポ。新規開拓が出来たら担当者と打ち合わせのため外出することも。

 15:00 面談

求職者との面談。希望の条件や職種、どの程度の日本語レベルかなど、確認を行う。

 17:00 資料作成

求職者の履歴書確認・修正とスキルシート作成を細かく作成。

 18:00 退社

一日の案件整理が終わったら帰宅。

スタッフインタビューリスト
ー スタッフインタビューリスト ー

  • 新規事業開発
    新規事業開発
    時代を先読みしたビジネスアイデアを考え形にする
     詳しくみる
  • WEB企画開発
    WEB企画開発
    WEBサイトや広告などの制作から運用まで幅広く担当
     詳しくみる
  • 外国人定着支援
    外国人定着支援
    多言語での対応によって外国人求職者に安心感を生み出す
     詳しくみる
  • メディパスアカデミー介護
    メディパスアカデミー介護
    介護事業者向けの悩みを解決、オンライン研修の販売
     詳しくみる
  • 人材紹介
    人材紹介
    介護・看護業界に特化した転職のサポートをする
     詳しくみる
  • 高齢者住まい相談
    高齢者住まい相談
    高齢者の希望のホーム探しをサポートするベストプランナー
     詳しくみる
  • 管理本部
    管理本部
    縁の下の力持ちとして「働きやすい」を実現する
     詳しくみる
  • 事務長
    事務長
    担当するクリニックのオールラウンドプレーヤー
     詳しくみる
  • 医療事務
    医療事務
    医療スタッフを支え、患者様の気持ちに寄り添い支えになる
     詳しくみる
  • 医療コーディネーター
    医療コーディネーター
    訪問診療を支える医療スタッフ以外の人間だからこそできること
     詳しくみる