スタッフインタビュー
ー スタッフインタビュー ー

新規事業開発

新規事業開発 M.I

時代を先読みしたビジネスアイデアを形作るアイデアマン

ご自身の職種はどんな仕事ですか?

前期まで新規事業創出をミッションとする事業開発室で新規事業の立ち上げ準備をしていました。今期はそこから独立したリハビリ・レクリエーション事業部で弊社に登録頂いているレクリエーション講師・パフォーマーによるサービス提供事業の企画営業をしております。

どうしてメディパスへ入社しようと思いましたか?

新規事業これまで仕事については、紆余曲折を経ている自分。自分の経験・特性が活かしきれるステージを探すのは難しいだろうなと考えていた矢先でした。
「高齢者施設でレクリエーションを世に広める」って、そんなことを謳っている会社がありますか?もちろんボランティアではなく。NPO時代、沢山の登録アーティスト達が「これをお仕事に繋げられたら」との声をたくさん頂きながらも無力で力になれなかったことが本当に心残りでした。「世の中、自分の好きなことで明るくしたい」と考えるスキルを持ったスペシャリストの皆さんを応援し、なおかつ現場に喜んで頂けるなんて、そんなディズニーみたいな会社があって、自分がその一員になれたら幸せだな、と率直に感じエントリーしたのを覚えています。

仕事をしている上で何を大切にしていますか?

「働く」とは「傍を楽にすること」だとも言われますが、まずは誰のどんなニーズに応えることなのかを考えています。登録される講師・演者はまずご自身のキャリアやスキルをアピールしますが、現場(高齢者施設のご入居者、職員の皆さま)の視点では私たちに何が求められているのか、を客観的に見極め提案する発想、企画力が求められていると感じます。現場は運営会社の本社様ともまた意向が異なる場合が多いです。
施設様、ケース毎に何が求められているのかを考え提案すると同時に、講師・演者が持てる最高のパフォーマンスを発揮できるよう引き出すコミュニケーションが求められていると感じます。

仕事で楽しかった点は何ですか?

新規事業端的には「あなたに任せて良かった」と仰って頂ける点だと思います。登録講師や演者はもちろん会社にとって大切な「商品」ですが、それ以前に自分自身が(クライアント、登録者双方から)価値があると感じて頂けることが前提のサービスですから。

クライアントが求めるものを客観的に分析し、登録される方々に「こんなこと出来ませんか?」と提案、一緒にプロモーションを考えるんですけど、自分たちがどんな役割を果たせるのか一緒に考える。みんな一人ひとり役割があるけれど、ただそこに押し込めるのではなく自然にアジャストできるように配慮する。満足は最後に頂ける評価ですから気は抜けませんが。

あなたにとって勝負ご飯(サラメシ)は何ですか?それはどんな時に食べますか?

これは…あまり大きな声では言えませんが。「ゆで太郎の薬味そば」ですかね。五反田はオフィス街でそばのチェーン店が沢山あるんですよ。会社が入っているビルにもありますね、そこには入ったことがありませんが…「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の「三たて」にこだわっているらしいんですが、やっぱり普通にそばは美味しいと思います。薬味って、言わば付け合わせみたいなものですが、それが本当にいいバランスで。自分も世の中で何となくでも必要とされる「薬味」みたいになりたいなと密かにシンパシーを感じていたりします(笑)

仕事中の癒しは何ですか?どんなところに癒されますか?

一生懸命お仕事に向き合っている社員の皆さんの姿を見ると、癒しと言うか前向きな刺激を頂きます。使命感に燃え、情熱的に仕事に向き合っていらっしゃる姿、見倣わせて頂きたいと感じています。

未来予想図を教えてください。

新規事業「高齢者」と向き合う局面が多いビジネスですが、自分が名実共に「高齢者」の仲間入りを果たす20年後までに少しでも「高齢者」「老後」といった言葉に伴う負のイメージ、日本の価値観を変えたい、いや変えなければならないと思っています。

今日本が直面している日本民族の生産人口の減少、高齢者割合の増大という現実。戦時でないながらも、これまでの考え方では国としては明るい未来が描きにくい状況に思えますが、これから「世界家族」の中でどんな役割を担うべきなのか。誰もが自分の生まれや時期を選べませんが、この時代にこの日本に生かして頂いているからこそ、これからの世界における日本の役割について非常に関心があります。

私は現在3人の小学生男児の父親ですが彼らは私に力を発揮させてくれる存在だと感じます。誰かの為に、って自分一人からでは出てこない(責任感を超えた)何か力が出て来るじゃないですか。見返りを求めない無上の愛で育てて頂いて今の自分がある。今日の日本を築いてこられた高齢者の皆さまの「人生の完成期」に携わるものとして感謝と尊敬の念を忘れるべきではないし、むしろその思いを繋いで「これからの日本の明るい未来」を描くことこそが本当の恩返しになると思うのです。目の前の生活に溺れず、今こそ無上の愛を未来に対してお返しする機会が与えられていることに感謝と喜びをもって向き合っていきたいなと思っています。

1日のスケジュールを教えてください。

 9:30 出社

アポイントの確認、メールチェック、登録希望者への返信、登録会の調整など。

 10:00 訪問

新規訪問・打ち合わせ。新規開拓するために、様々なアプローチを行う。

 12:00 昼休憩

サラメシでも紹介したゆで太郎へ行くことが多い。

 13:00 打合せ

イベントの企画の打合せをしてイベントの進行・確認事項などをまとめる。イベントやレクリエーション当日まで打ち合わせ出来ないこともあるが、何度か打ち合わせすることも。

 14:00 資料作成

新しい企画を考えて提案する企画資料を作成。

 18:30 退社

直行・直帰することも多いが、案件共有・整理を行ってから帰宅。

スタッフインタビューリスト
ー スタッフインタビューリスト ー

  • 新規事業開発
    新規事業開発
    時代を先読みしたビジネスアイデアを考え形にする
     詳しくみる
  • WEB企画開発
    WEB企画開発
    WEBサイトや広告などの制作から運用まで幅広く担当
     詳しくみる
  • 外国人定着支援
    外国人定着支援
    多言語での対応によって外国人求職者に安心感を生み出す
     詳しくみる
  • メディパスアカデミー介護
    メディパスアカデミー介護
    介護事業者向けの悩みを解決、オンライン研修の販売
     詳しくみる
  • 人材紹介
    人材紹介
    介護・看護業界に特化した転職のサポートをする
     詳しくみる
  • 高齢者住まい相談
    高齢者住まい相談
    高齢者の希望のホーム探しをサポートするベストプランナー
     詳しくみる
  • 管理本部
    管理本部
    縁の下の力持ちとして「働きやすい」を実現する
     詳しくみる
  • 事務長
    事務長
    担当するクリニックのオールラウンドプレーヤー
     詳しくみる
  • 医療事務
    医療事務
    医療スタッフを支え、患者様の気持ちに寄り添い支えになる
     詳しくみる
  • 医療コーディネーター
    医療コーディネーター
    訪問診療を支える医療スタッフ以外の人間だからこそできること
     詳しくみる